新潟県医療ソーシャルワーカー協会

創立60周年記念事業 日本医療社会福祉協会全国大会新潟

全国大会フォトブック10

全国大会フォトブック9

全国大会フォトブック8

全国大会フォトブック7

全国大会フォトブック6

全国大会フォトブック5

全国大会フォトブック4

全国大会フォトブック3

全国大会フォトブック2

全国大会フォトブック 1

全国大会 811名の参加をありがとうございました。

さる5/28に4年間暖め続けてきました、60周年記念事業、日本医療社会福祉協会全国大会新潟が閉幕しました。とあるMSW協会OG会長から「今まで参加した中で、いちばんMSWらしい、素晴らしい大会であったと思います!」というお褒めの言葉をいただきました。実行委員全員が「全国大会ロス」状態で、終了後過ごしましたが、明日6/11土曜は新年度体制を考えるMSW協会総会が万代市民会館で開催されます。全国大会は始まりでしか有りません。起爆剤にして新潟県内のソーシャルワーク実践力を高めることができる研修や企画、人材育成に取り組んで参ります。
会長の開会挨拶です
朱鷺メッセの会場入り口にデーンとありました
実行委員が熊本地震の募金活動を行っています
ひとり一人の力が結集して全国大会が盛会に終わりました

阿部葉子副会長が実践報告をいたします

阿部葉子副会長が「人生の最終段階における意思決定の支援」「在宅医療における意思決定支援~在宅ケアチームにおける医療ソーシャルワーカーの役割」と題して、日本医療社会福祉協会全国大会新潟で、発表します。みなさま、是非聴講においでくださいますようお願いします。

プログラム

64回公益社団法人日本医療社会福祉協会全国大会 

36回日本医療社会事業学会

 

開 催 要 綱

 

大会テーマ

生きる力に寄り添うソーシャルワーク

~現在・過去・未来~

 

日 程:2016526日(木)~ 28日(土)

会 場:朱鷺メッセ [新潟コンベンションセンター]

大会長:坂詰 明広 (新潟県医療ソーシャルワーカー協会 会長)

主 催:公益社団法人日本医療社会福祉協会

新潟県医療ソーシャルワーカー協会

(新潟県医療ソーシャルワーカー協会60周年記念事業)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催概要

名 称

64回公益社団法人日本医療社会福祉協会全国大会(新潟大会)

36回日本医療社会事業学会

大会テーマ

「生きる力に寄り添うソーシャルワーク ~現在・過去・未来~」

 

日 程

2016526日(木)~28日(土)

 

大会長

坂詰 明広(新潟県医療ソーシャルワーカー協会 会長)

 

主 催

公益社団法人日本医療社会福祉協会

新潟県医療ソーシャルワーカー協会

 

後 援(予定)

厚生労働省 新潟県 新潟市 日本医師会 新潟県医師会

 

会 場

朱鷺メッセ [新潟コンベンションセンター]

950-0078 新潟県新潟市中央区万代島6-1

TEL: 025-246-8400 / FAX: 011-280-2732

 

大会事務局

公益社団法人日本医療社会福祉協会 組織運営部

162-0065 東京都新宿区住吉町8-20 四谷ヂンゴビル2

TEL: 03-5366-1057 / FAX: 03-5366-1058

E-mail: jaswhc@d3.dion.ne.jp

 

運営準備室

株式会社近畿日本ツーリスト北海道 札幌法人旅行支店

060-0003 札幌市中央区北3条西2丁目 日通札幌ビル6

TEL: 011-280-8855 / FAX: 011-280-2732

E-mail: s-convention-1@or.knt.co.jp

 

 

プログラム

526日(木)

永年表彰・日本医療社会福祉協会 通常社員総会

 

527日(金)

開会式 A会場  9301000

 

記念講演:「新潟水俣病被害者として伝えたいこと」 A会場10001130

語り部 小武節子

館長 塚田眞弘(新潟県立環境と人間のふれあい館―新潟水俣病資料館―)

 

メッセージトークコンサート: A会場13301530

「未来をくれためぐり逢い~あなたに会えて本当によかった~」

奥田良子・奥田勝彦

(エスペランサ ESPERANZA(ラテン語で「夢・希望」の意味))

 

教育講演:「人生の最終章に医療がどう関わるか」 A会場16001730

長尾和宏(長尾クリニック院長)

 

シンポジウム1:「災害ソーシャルワークの確立 ~過去・現在・未来~」

C会場13301530

座長 白澤政和(桜美林大学大学院)

「DWAT研修テキスト作成と研修担当者として」

大島隆代(日本社会福祉士養成校協会/浦和大学)

「タイトル未定」

岩間伸之(日本ソーシャルワーク学会/大阪市立大学大学院)

「タイトル未定」

三浦修(新潟青陵大学)

「タイトル未定」

笹岡眞弓(日本医療社会福祉協会石巻災害支援チーム統括責任者/文京学院大学)

 

シンポジウム2:「人生の最終段階における意思決定の支援」 C会場16001730

座 長 岡村紀宏(日本医療社会福祉協会調査研究部長/西岡病院)

「急性期における意思決定支援~多職種チームでの関わりから」

福長暖奈(東京医療センター)

「回復期・療養期における意思決定支援 ~人生の最終段階の支援をふまえて」

榊原次郎(霞ヶ関南病院)

「在宅医療における意思決定支援 ~在宅ケアチームにおける医療ソーシャルワーカーの役割」

阿部葉子(在宅ケアクリニック川岸町)

「人生の最終段階における医療体制整備事業の成果と課題 ~E-FIELDの普及と効果」

伊藤正一(大久野病院)

 

「認定医療社会福祉士」制度他の現状と協会の取り組む方向性について

A会場11451300

①認定医療社会福祉士関係:申請(新規・更新)状況の報告と前年度制度変更点の説明                                                     ②認定社会福祉士の動向                                                   ③認定社会福祉士スーパービジョン説明会の開催について                                  ④その他

 

17回全国医療ソーシャルワーカー協会会長会会議 B会場11401320

 

都道府県協会研修担当者会議 B会場13301530

 

交流会 ホテル日航新潟18002000

 

528日(土)

師弟鼎談:実演!!生で見る!感じる!人を深めるソーシャルワーク A会場 9001030

~生活史を聴く模範演技で魅(み)せる自分を知り・他者を知る意味と意義~

牧野忠康(日本福祉大学名誉教授)

秋山政人(新潟県臓器移植推進財団 臓器移植コーディネーター)

坂詰明広(新潟県医療ソーシャルワーカー協会会長/新潟白根総合病院)

 

特別講演:「医療介護連携をめぐる最近の動き~地域包括ケアの具体化にむけて~」

A会場10401210

吉田学(厚生労働省保険局 医療介護連携 審議官)

 

「ソーシャルワークデータシステムの今後の活用と展望(新システム「MANBO」の利用から)」

B会場  9001030

進行 飯島望(日本医療社会福祉協会データシステム

担当チームリーダー 茨城西南医療センター病院)

報告者 東妙香(初台リハビリテーション病院)

市川賀一(北里大学病院)

小野沢滋(北里大学病院)

新村郁子(榊原記念病院) 高瀬昌浩(国立病院機構 横浜医療センター)

富川由美子(東京女子医科大学病院) 山口広作(城山病院)

 

「新定義からソーシャルワーク実践のあり方を考える」 B会場10401210

進行 田村里子(日本医療社会福祉協会 倫理綱領検討担当チーム代表委員)

演者 志村健一(東洋大学社会学部社会福祉学科)

小原眞知子(日本社会事業大学社会福祉学部福祉援助学科)

 

36回日本医療社会事業学会(分科会) AF会場13001530

(人権とソーシャルワーク、ソーシャルワークリサーチ、ソーシャルワーク実践、

教育・スーパービジョン、業務分析・業務開拓、その他)

閉会式 B会場15301600

カウンター カウンター

 新潟県内の一般病院、精神病院、保健所、介護老人保健施設、地域包括支援センターなどに所属するソーシャルワーカーからなる団体で、昭和31年に設立されました。会員は平成28年2月現在で、399名おります。当協会は、医療ソーシャルワーカーとしての資質と倫理観を高め、保健・医療の場において、患者・家族のかかえる経済的・心理的・社会的問題の解決・調整を援助するとともに、公衆衛生の向上と社会福祉の増進に寄与することを目的として活動を行っております。

ABOUT

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP